読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モャッパ!

生きにくいよを生きやすく

結婚式に行ってきた

http://anond.hatelabo.jp/20161203210820
30代の友人たちが - はてな匿名ダイアリー

 

大学時代の友人の結婚式に行ってきた。アットホームでみんな優しく暖かくてとってもいい式だった。

その帰りに上の記事を見て、ああこの気持ちわかるなぁー、と。

ブコメには「あんたの幸せのために友人がいるんじゃない」みたいな話もあるけど、そうじゃないのだよね。友人が「パートナー欲しいな」といいつつ、つまりパートナーを見つけ共に過ごすことに幸せを見いだしつつ、パートナーを見つけようとしないからモヤモヤするのだよね。わかるわかる。きっと親のような気持ちなのだ。幸せは一つの物差しで測れないこと百も承知の上で、そう思うんだ。

友人が本当に心配なら「誰か紹介しようか?」と声をかけるのがベストとは思う。やっぱり「結婚したいなら真剣に探しなよ!」と口先で言うだけでは、既婚者ゆえの押し付けに感じられてしまう時もあるから。(もちろん有効ではあるけど、友情がこじれる可能性が高い。)

「あなたの願いを叶える協力させて」という姿勢を見せていけば、増田さんの気持ちは友人に伝わるはず。もちろんお節介と思われるかもしれないけど、きちんと友人関係を築けているなら、ゆっくりわかってもらえると思う。

逆にブコメであるよう「本当は結婚したくないし興味薄いのだけど体面のために形ばかり結婚したいと言っている」というタイプかどうかも、きちんと話し合うことで見えてくる。もしそういうタイプだとわかれば、それはそれでお節介をやかずに「結婚に対する価値観は違うけど大切な友達!」として長く付き合って行くことができるはず。

結婚は幸せだと思うから、はたまた独身主義だから、というそれだけの考えの違いで友人を失うのはすごくすごくもったいない。幸せの定義が違ったって、仲良くはなれる。

モヤモヤを溜め込みすぎないでがんばってほしいなぁ。