読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モャッパ!

生きにくいよを生きやすく

ゆるフェミ考える

女性 ポルノ

気になる記事がござったので。

togetter.com

 

私は腐女子だ。小学四年生から二十ウン年やってる。

加えて、兄の机にあったセーラームーンエロ本を読み、父の箪笥に隠されたエロ雑誌を隠れて読む、そんなエロ好き女子でもある。エロっていいよね!

そしてフェミである。といっても「女の権利のためにいざ立ちあがれ!」系の活発なやつではなく、女も男もお互い気楽に生きていけるように、既存の偏見がなくなるといいなーみたいなゆるっとしたリベラルフェミだ。ゆるフェミ。

余談だけどレディースデーがあるならメンズデーがないのは変だよなー。

 

さて、そんな身としては「BL好きはポルノ依存症!」というコメントに反応せざるをえない。

自分はブコメで、

「フェミであり腐女子である身としては、おもしろい展開になってきたな感ある。性嫌悪派は女性の性欲も否定するんじゃー。/個人的には性犯罪(性暴力)と性消費は分けたほうがいいと思う。でないと本当の問題が霞む」

的なことを書いた。基本的には「男がするにしても女がするにしても、性消費そのものは悪いことじゃない。ただし望んでいない相手に性消費されろと強要したら犯罪だ」というスタンスだ。

異性を性的な目で見て性的興奮を得ようとするのは生物としていたって普通なことだろう。美女や美女を模したものにおったてるのも、イケメンやイケメンを模したものを見て股を濡らすのも、別におかしなことではない。

(性消費には性消費なりの問題があるのだけれど、ひとまずおいとく。)

 

ちょっと話はズレるけれどsteel_eelさんが

「性嫌悪団体は性嫌悪団体であって、フェミニズム団体じゃないですってハッキリ区別していく必要があるのでは」

と書いていらっしゃるのを見てハッとした。確かについつい文脈から急進的フェミ団体だと思ってしまっていたけれどPAPSという団体はあくまで「ポルノ被害と性暴力を考える会」のようだ。そこのところは気をつけたい。(規制憎し男叩き憎しの人にとっちゃ同じに見えるやもしれんけど。)

 

当然だけれど、性暴力もポルノへの出演強要も、どちらもきちんと犯罪として取り締まる必要がある。「他者を傷つける行為」は罰せられるべきだ。被害にあった女性たちのために社会のあり方を考える団体があるというのは、とても心強くて良いことだと思う。

ただ「ポルノ」そのものが撲滅すべきものかと言われれば、私にはそうと思えない。エロ漫画やエロ本によって私が学習したものはたくさんある。一番大きいのは「セックスの楽しさ」だ。

性的なものを遠くに置いてきていた友人らに性的な相談をされたことは数え切れない。エロ本に触れてこなかった女性は「性的興奮がよくわからない」「本でやり方はわかっても、セックスしていて気持ちよくなれない。苦痛」「子供はほしいけど彼氏/夫とはしたくない」という友人の多いこと。エロ本をしこたま読んできた身としては彼女らのいうことがものすごく意外だった。セックス行為を楽しむのに、ポルノは良い役割を果たしてくれる。

ただ市井に出回るAVを信じ込み「前戯は短く!ピストンは激しく!痛そうなのは感じてる証拠!めざせ潮吹き!」みたいなことを信じて暴力に近しいセックスを強いる男性がいることも確かではある。そして出演強制はまぎれもなく性暴力だ。

でも、ポルノが性暴力に加担しているかどうかという点については、真剣に議論したい人にお任せする。

togetter.com

(ただこの主張を見るに、ツイートしている方は目的のために思考停止している気がする。生物として重要な生殖にかかわるものをタバコに例えるのはいかがなものか。あと百歩ゆずってタバコに例えるとしても、「喫煙者が所定の場所で吸う」みたいな住み分けを徹底させればいいだけの話では。)

 

とはいえ、PAPSがただ性嫌悪をしているわけではなく、社会的弱者女性の立場に立って発言しているという点を見ることも大切だ。

「ポルノをなくして!」というのは、無理やりに契約を結ばされて泣き寝入りした女性たちからして見れば切実な願いだ。ポルノなんてものがなければひどい目に遭わなかった!と思うのは普通だろう。

ではポルノ表現は公的な場から撲滅すべきか?といえばそれは違うと思う。前述したようにポジティブな学習をすることができるからだ。

それにそもそも性を売りたい人も買いたい人も必ずいるからなくならず裏で取引されるようになる。そうなると隠されるからこそ叩くのが大変になり、最終的に禁酒法のような状態になることは目に見えている。

 

本当に性被害を無くしたいというのなら、本来するべきことは「ちゃんとした性教育」だと思う。

ikujira.com

幼い頃から、良いセックスとは何か、性犯罪に巻き込まれないためにどうするべきかを伝えていくことこそ、性犯罪をなくすために必要なことじゃないだろうか。

「BL好きな女はポルノ依存症だ」など、性的なものを欲する気持ちを病気だと言って否定すれば、むしろ性に対して後ろ暗さを抱かせる。「この気持ちは異常でよくないものだ」と思った時、性に対する見方は歪み、結果、正しい知識を持たないまま鬱憤をためてしまうかもしれない。

これは男性も同じだ。「ポルノを見る男は性欲まみれの獣だ」などと言われれば、性欲が湧くという自然なことをやましいことのように感じ、女性への接触にためらいを感じて、できるはずの交際ができなくなってしまうかもしれない。それは結構!おとなしく牙を抜かれろ!という過激な人間もいるだろうけれど、それは相手に精神的な傷をつけているとも言える。そんなことをするより正しい性知識と倫理観を持たせることのほうがよほど有意義だろう。

ポルノの及ぼす悪影響を叫ぶことは意味のあることだと思う。被害女性たちを救うことはとても大事だ。けれどその叫び声が、背景を知らない普通の人にとっては「性的な表現物を楽しむのは異常者だ」という脅しだと感じる場合もあることを考えてほしい。その脅しは本来望むはずの方向の逆へと人を導いてしまうのではないだろうか。

 

 最後に。ASAPについてバックヤードを調べてみたら、創設理由などけっこう興味深かった。実際にAVに出るよう強制され泣き寝入りしていた女優さんたちにとっては心強い団体なのかもしれない。(それだけにむやみに攻撃的な発言をせず、被害者や被害者になりそうな人たちのために頑張ってほしいと思う。)

 

なんかいろいろ書きたくなったらあっちこっちに話がとんでしまったぜ……ところで私の好きなBL展開はまったく性格の違う男同士が衝突し喧嘩しつつもピンチとなれば助け合い、お互いのことを少しずつ知ってゆき、いつしか理解できる唯一無二の存在となりいつしか体もつながりあう、みたいな感じだぞジョジョーッ!!!!